回転おすし

 今日は回転すしを食べただけだった。はま寿司では受付がペッパーくんで、人を介さずにおじさんおばさんに挟まれたカウンター席に着いた。注文したお皿がカッパ寿司と違って目の前で止まらないタイプだったために何度かスルーしてしまった。というのも、回転寿司なので写真と全然違うのとかあって、これはブリか?鯛か?とか考えていたらお皿は目の前を通り過ぎていってしまったのだ。普段食べないようなネタを頼んでみようっと思ってカキフライを食べてみた。でも「ああ美味しいカキフライが食べてたいなあ、洋食屋さんのやつ食べたいなあ」と思うだけ。これが2018年になって最初の外食でだった。食べ終わって店を出ると「1000円あったらもっと美味しいご飯が食べられたのになあ」と暗い気持ちになった。でも、なかなか一人だと店に入りづらいと思ってしまい、行きつけの店なんてないので結局ファストフードになってしまう。かおたんにでも行きたいけど、そのためだけに電車代かけるのもなあと気が引ける。こんなことにウジウジ悩んでいるのがきっと馬鹿らしいだろう、他の人からすれば。もっと論理的な人間になるべきなんでしょうか…。
 するべきことがあるけど全然手につかなくて終始ドベーッとしている。寿司の後、用もないのに新宿に行ってHMVを少しのぞいただけで帰ってきた。東京に住んでいるのに行く場所がCD屋か本屋かコンビニしかないというのもどうなのだろうか。自分の知らないことを教えてくれるような、引っ張り出してくれるような、そんな人をずっと待ってしまっている。
 明日は、カネコアヤノのカセットが出る。限定だから早く買いに行かないとなくなってしまうけど、開店の時には行けないし、通販でも販売が開始される頃にはスマホが使える状況にいないので、ゲットできるのかちょっと心配。こんな時に買っておいてと言える人がいたらなと思う。 
 初々しくて好きな声をしているバンドを見つけた。こういう声を聴くと「性格いいんだろうなあ」と思ってしまうクソメンタリティーをどうにかしたい。でも、このメンタリティーのおかげでこの声にキュンとできるんだ!……